2020年2月

  • 2020.02.09

ブログ移転のお知らせ

諸事情あってサーバー移転作業を人力でおこなっております。 新しいブログのURLはこちら。 https://namakajirijungle.work/ 当面は古い記事の移行ばかりになりそうですが、新規投稿をする時間もなんとかひねり出したい、と思っております。 今後ともよろしくお付き合いのほどを。

汚名

アメリカ 1949監督 アルフレッド・ヒッチコック脚本 ベン・ヘクト メロドラマ仕立てのスパイもの。 ド素人の女にアメリカのスパイである男が、潜入捜査を強いるお話。 普通なら「なんで私がそんなことしなきゃいけないの!」って揉めるところですが、女、アメリカのスパイに惚れちゃってるんですよね。 あなたのためなら・・・みたいな感じで容疑者の家に入り込むわけです。 女を惚れさせてしまうテクニックそのものが […]

K-19

アメリカ/イギリス/ドイツ 2002監督 キャスリーン・ビグロー脚本 クリストファー・カイル ソビエトの原子力潜水艦K-19が、1961年におこした原子炉事故を映像化した実話もの。 ストレンジ・デイズ(1995)、悪魔の呼ぶ海へ(2000)と、赤字映画を連発したビグローの挽回作で、全米でスマッシュヒットを記録してます。 きっちりエンタメ路線ですね。 とんでもなく深刻な題材なのに、恐ろしさよりドキド […]

  • 2020.02.04

絶対の愛

韓国/日本 2006監督、脚本 キム・ギドク 恋人の不実さに業を煮やし、整形を決心した女の行く末を描く恋愛ドラマ。 整形大国韓国ならではの題材か、と思いますが、私が考えていた以上に美容整形が一大事であるかのように描写されていて、あれ?っと首を捻ったり。 韓国じゃあ、成人したお祝いに、親が娘に美容整形をプレゼントしたりするんじゃなかったの? 流言飛語? 劇中では整形外科医が入念に説明責任を果たした上 […]

  • 2020.02.03

ポラロイド

アメリカ 2017監督 ラース・クレヴバーグ脚本 ブレア・バトラー いわゆる「呪いのカメラ」のお話ですね。 そのカメラの被写体となった人間は例外なくみんな死ぬ、ってやつ。 はっきり言って、なんの新鮮味もなければ物珍しさもありません。 わざわざ2017年にやるようなネタか?これ?と小首をかしげたくもなったりするわけですが、新人監督のお披露目的な作品と考えるなら、まあ、安定感あるほうかな、と思ったりは […]

ジョーカー

アメリカ 2019監督 トッド・フィリップス脚本 トッド・フィリップス、スコット・シルバー しかしまあ、それにしてもDCはとんでもない映画をラインナップに加えたものだ、と驚きましたね。 これ、ジャスティス・リーグ(2017)とかワンダー・ウーマン(2017)見る感覚で劇場行ったら腰抜かしますよ、マジで。 はっきり言って落ち込む。 もう閉塞感というか、やるせなさがメーター振り切ってて、あれ?なんの映 […]

  • 2020.02.02

メフィスト

1984年初出 三山のぼる講談社モーニングKC 全6巻 悪魔との契約によって生まれた魔女、アルマと人間の関わり合いを描いた怪異譚。 1~2巻までが長編、3~6巻までが連作短編という変則的な構成になってますが、注目すべきは2巻を費やした長編でしょうね。 なんといっても主人公が凄い。 悪魔を召喚するために幼児を誘拐し、次々と血祭りにあげていくシリアルキラーなんです。 しかも子供を殺すこと自体に悦楽を覚 […]

  • 2020.02.01

ザ・バニシング-消失-

オランダ/フランス 1988監督 ジョルジュ・シュルイツァー原作 ティム・クラッペ ドライブインで忽然と姿を消した妻を、3年に渡り探し続ける夫の顛末を描くサスペンス。 さて、消えた女を探すお話というと、古今東西に溢れかえっていてその歴史を追うだけでも一苦労だったりしますが、古いところだとヒッチコックのバルカン超特急(1938)やポランスキーのフランティック(1988)あたりが私は印象に残ってまして […]

  • 2020.02.01

ピンポン

1996年初出 松本大洋小学館ビッグコミックスピリッツ 全5巻 松本大洋にしてはケレン味のない普通のスポーツ漫画だと思いますね。 だからこそ映画化やアニメ化につながった、ということなのかもしれませんが。 努力と才能をどういう形で競技に反映させるか?という点において、きちんと先達が築き上げたセオリーを踏んで、ドラマチックさを演出してるのに少し驚かされました。 編集の助言もあったのかもしれませんが、や […]