細野不二彦

  • 2018.12.12

いちまつ捕物帳

2014年初出 細野不二彦小学館ビッグコミック 1巻(以下続巻) やっぱりうまいし、作話もしっかりしてるし、絵も全然荒れてないし、細野不二彦は本当に安定している、といつも思うわけですが、やっぱりこれ、意識したのは佐武と市捕物控なのかなあ、と思ったりはしました。 今回おや?と思ったのは、既出の作品以上に江戸の風俗、文化について入念に下調べされてることですね。 あ、そうだったんだ、という新たな発見が現 […]