50年代

  • 2019.03.06

鉄腕アトム

1952年初出 手塚治虫講談社漫画全集 全18巻 言わずと知れた漫画文化黎明期における歴史的名作。 誤解を恐れずに言うなら、ことロボットSFと呼ばれるジャンルに関しては、何もかも全てアトムがこの時代にして全部やりきってます。 それこそ人あらざるものの自我についてや、人を超えてしまった存在(ロボット)と人類の共存についてまで、その可能性や行き着く果てを手塚先生は想像力を尽くして言及。 もちろん子供向 […]

  • 2019.02.03

鉄人28号

1956年初出 横山光輝秋田書店ACセレクト 1~2巻(全6巻) 後のロボットものに大きな影響をあたえたといわれている作品ですが、さすがに今あらためて読むと何もかもが古すぎて眩暈がしてきます。 作者は鉄腕アトムを巨大化したものをやろう、と当初考えたらしいですが、自我を持つロボットの苦悩にまで言及したアトムと比較するなら、やっぱりこっちはただの人型巨大兵器によるシンプルな大活劇でしかないな、と思った […]

  • 2019.01.17

忍者武芸帳

1959年初出 白土三平小学館文庫 全8巻 史的唯物論を持ち込んだ忍者漫画の歴史的傑作と呼ばれるシリーズ。 かの手塚治虫は白土三平のせいで漫画にイデオロギーを求められるようになってしまった、とぼやいたぐらいだから当時の衝撃は相当なものだったんでしょう。 今回あらためて読み直してみて、なるほど確かにこりゃ60年代の作品とは思えぬドラマ性がある、と唸らされたんですが、それと同時に、広げた風呂敷を破綻な […]