テリー・ギリアム

  • 2019.01.17

ゼロの未来

イギリス/ルーマニア/フランス/アメリカ 2013監督 テリー・ギリアム脚本 パット・ラッシン ああ、これは近未来SFの形をまとった現実の合わせ鏡だ、と私は思いましたね。 余計な説明は一切排除された不親切な内容で、どこか観念的であったりするんですが、その背景や物語世界をひも解かなくても主人公コーエン・レスの置かれた環境がすべてを暗示している、とでもいいますか。 例えば、コーエンは毎日モニターに向か […]

Dr.パルナサスの鏡

イギリス/カナダ 2009監督 テリー・ギリアム脚本 テリー・ギリアム、チャールズ・マッケオン 12モンキーズ以降、なんだかぱっとしない印象があったギリアムが久しぶりにらしい作品を撮った、との感触でしたね。 もうケレン味たっぷり、というか。 ただまあ、序盤、とても現代劇とは思えない、というのはあったんです。 私、途中まで50~60年代のイギリスの話なのかな、と思っていたほど。 というのもパルナサス […]

  • 2019.01.08

ローズ・イン・タイドランド

イギリス/カナダ 2005監督 テリー・ギリアム原作 ミッチ・カリン ギリアムお得意のファンタジーか、待ってました、と相好を崩してると思わぬしっぺ返しをくらって眉をひそめずにはいられない異色作。 タイトルから想像できるように下敷きになっているのはアリス・イン・ワンダーランド、不思議の国のアリスなわけですが、同じ題材からインスパイアされたどの作品とも趣きを違えているのは確かですね。 まず、描かれてい […]

ブラザーズ・グリム

アメリカ/チェコ 2005監督 テリー・ギリアム脚本 アーレン・クルーガー グリム兄弟は実は魔物退治を生業とするハンターだった、とした設定のダークファンタジー。 後の「リンカーン秘密の書」とか、あのあたりの作品の先鞭となったのでは、と思ったりもするんですが自信はありません。 ギリアムにしちゃあ、えらく安直でコミック風な脚本を引き受けたものだな、といささか不安もあったんですが、嫌な予感は半分的中、と […]

ロスト・イン・ラ・マンチャ

アメリカ/イギリス 2001監督、脚本 キース・フルトン、ルイス・ペペ テリーギリアムが「ラスベガスをやっつけろ」の後、撮影に入るはずだったThe Man Who Killed Don Quixote(ドン・キホーテを殺した男)のメイキングを撮影したドキュメンタリー。 さて、ファンならご存知かと思いますが、この「ドンキホーテを殺した男」は劇場公開されてません。 というか、完成にすら至らなかった。 […]

ラスベガスをやっつけろ

アメリカ 1998監督 テリー・ギリアム原作 ハンター・S・トンプソン 若い頃、この作品を見たときは、ギリアムいったいどうしちゃったの?とはてなマークが脳内を飛び交ったものですが、歳をとってあらためて見てもあんまり感想は変わりませんでした。 えー、わ・け・が・わかりま・せーん。 記者と弁護士の二人組みがラスベガスに乗り込んでドラッグやり放題の乱痴気騒ぎ、以上。 特にストーリーがあるわけでもなく、物 […]