デヴィッド・クローネンバーグ

マップ・トゥ・ザ・スターズ

カナダ/アメリカ/ドイツ/フランス 2014監督 デヴィッド・クローネンバーグ脚本 ブルース・ワグナー 題材そのものにさして新鮮味はないと思うんです。 ハリウッドのセレブ達の、欲望と自己顕示欲にまみれたドラッグ漬けの裏側を描く、って、これまで似たような作品がなかったか、といえば、そうでもないように思いますし。 まあこんなものだろうな、という想像は安易に及ぶ。 ではそこでスキャンダラスであること以上 […]

  • 2019.01.08

コズモポリス

フランス/カナダ 2012監督 デヴィッド・クローネンバーグ原作 ドン・デリーロ アメリカを代表する文豪ドン・デリーロの小説を映画化。 いやー油断してたらやってくれましたクローネンバーグ。 もうすっかりエンターティメントに徹しきってるのかな、と思いきや、この期に及んでこんなわけのわからない作品を撮ってくるとは。 とりあえずこの作品のキャッチコピーやあらすじを鵜呑みにしてはいけません。 「ウルフ・オ […]

危険なメソッド

イギリス/ドイツ/カナダ/スイス 2011監督 デヴィッド・クローネンバーグ原作 クリストファー・ハンプトン 戯曲の映画化。 かの有名な心理学者ユングとフロイトの関係を、1人の女性患者をキーパーソンに描いた史実を基とするドラマ。 まず思ったのはこの作品、いったいどういう層をターゲットに作られたのだろうか、ということですね。 ただでさえマニア受け気味なクローネンバーグがユングとフロイトって、なんかも […]

イースタン・プロミス

イギリス/カナダ/アメリカ 2007監督 デヴィッド・クローネンバーグ脚本 スティーブ・ナイト ヒストリーオブバイオレンスに続いてまたもや暴力と闇社会がテーマのマフィアもの。 いや、ほんとどうしたんだクローネンバーグ?と昔からのファンとしては頭をひねるわけですが、監督のフィルモグラフィーや作家性を無視して考えるなら、これはこれでよく出来てます。 この手の映画の好きな人にとっては高い評価を得そう。 […]

ヒストリー・オブ・バイオレンス

アメリカ/カナダ 2005監督 デヴィッド・クローネンバーグ原作 ジョン・ワグナー、ヴィンス・ロック なにゆえクローネンバーグがこのような作品を?と当時は首をかしげた一品。 今なら(2015年現在)ジェイソン・ステイサムとかリーアム・ニーソンあたりが主役を務めたらばっちりはまりそう。 良きパパが実は過去、悪逆非道な殺し屋だった、って作品なんですが、プロットはともかくとして私が気になったのは、クロー […]

  • 2019.01.04

スパイダー/少年は蜘蛛にキスをする

フランス/カナダ/イギリス 2002監督 デヴィッド・クローネンバーグ原作 パトリック・マグラア なんともまあ内省的な映画です。 ただそれが誰にとっての内省であるのか、というとややこしいところ。 精神病患者専門の収容施設だか病院だかを予算の都合で強制退院させられた主人公が、中間施設と呼ばれる寮のような場所で外界と触れ合いながら、自分の過去をたぐる、といった内容のドラマなんですが、端的に言ってしまう […]

イグジステンズ

カナダ/イギリス 1999監督、脚本 デヴィッド・クローネンバーグ 監督がビデオドロームで取り組んだ、仮想現実がリアルを侵食するネタをもう一度、時代の推移に沿ってゲームの世界で展開して見せた一作。 生理的嫌悪感をもよおす内臓感覚な肉々しさはこれでもかと炸裂。 ゲームのコントローラーとおぼしき物体なんてどうみても網にのせられる前のホルモンだし、コードなんて臍帯にしか見えません。 それを脊髄にあけた穴 […]