ブライアン・デ・パルマ

青春のマンハッタン

アメリカ 1968監督、脚本 ブライアン・デ・パルマ デパルマの劇場長編デビュー作。 60年代のアメリカを3人の若者の会話劇の体でつらつらと描いた作品なんですが、今となっては見る人を強烈に選びそうな気もしなくはありません。 とりあえず後の、主にサスペンスにその手腕を発揮する監督らしさは微塵もなし。 ヌーヴェルヴァーグに色濃い憧憬がみられる、なんて評をどこかで見た記憶があるんですが、ヌーヴェルバーグ […]

パッション

フランス/ドイツ 2015監督、脚本 ブライアン・デ・パルマ 広告会社で働く二人の女性の権謀術策を描いた愛憎渦巻くサスペンス。 フランス映画「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」のリメイクです。 元々の脚本はオリジナルの監督でもあるアラン・コルノーが書いているらしいんですが、デパルマはそれを改変したようです。 まあ、あらすじを読む限りでは大筋では変わっていないみたいですけどね。 リメイクとはいえ、往 […]

  • 2019.01.05

リダクテッド 真実の価値

アメリカ/カナダ 2007監督、脚本 ブライアン・デ・パルマ イラク戦争で実際に起こった事件を元に、POV方式やYOUTUBEの映像なども織り交ぜてドキュメンタリータッチに戦争犯罪を問う野心作。 デパルマはイラク戦争の報道が国内で規制されているように感じてこの作品に着手したらしいんですが、私が一番ひっかかったのは、この題材はもう

ブラック・ダリア

アメリカ 2006監督 ブライアン・デ・パルマ原作 ジェームズ・エルロイ 実際に40年代ロサンジェルスで起こった猟奇殺人事件を題材にしたサスペンス。 映像はセピアに仄暗く当時を再現しようと凝った作りで、いつものデパルマらしい派手さはやや控え目か。 シックに演出したかったのだと思うんですが、猥雑でエキセントリックなのはいつもどおりなので、どこか噛みあわせが悪いというか、馴染まないものを感じたり、とい […]