70年代

わらの犬

アメリカ 1971監督 サム・ペキンパー原作 ゴードン・M・ウィリアムス イギリスの片田舎に越してきた学者夫婦を見舞う、予期せぬ惨劇を描いたバイオレンス。 なんといってもこの作品、見どころはラスト数十分に尽きる、と言っていいでしょう。 描写されているのは小心者で争いを嫌う夫が、身の危機を感じ、別人格が乗り移ったかのように豹変するシークエンス。 今更あえて書き連ねるまでもなく主演のダスティン・ホフマ […]

カンバセーション・・・盗聴・・・

1973 アメリカ監督、脚本 フランシス・フォード・コッポラ プロの盗聴屋が請け負った仕事の内容に疑念を抱き、徐々に妄想に囚われだすお話。 70年代の映画なんで今の尺度で測る事は難しいかと思うんですが、まず単純に私が疑問だったのは、プロの盗聴屋というのは真っ当な仕事なのか、それとも裏稼業なのか?という点。 探偵が盗聴やらかすシーンとか、映画にはよく出てきますが、大抵は非合法だったような気が私はする […]

地獄の黙示録

アメリカ 1979監督 フランシス・フォード・コッポラ脚本 フランシス・フォード・コッポラ、ジョン・ミリアス 軍規を守らず、ベトナムのジャングル奥地で私設軍隊を率いるまでに増長したカーツ大佐を暗殺すべく、軍上層部より密命をうけたウィラード大尉の戦場探索行を描いた戦争映画。 ちなみに私が見たのは特別完全版と題されたDVDなんですが、まー長い。 恐るべき長さ。 なんせ3時間22分ときた。 3時間超えで […]

  • 2019.10.29

イレイザーヘッド

アメリカ 1976監督、脚本 デヴィッド・リンチ すごい、すごいとは聞いていましたが、まさかここまでの作品だとは思ってなかったですね。 いやー狂ってるわ。 もうシナリオとかストーリーとかなんの判断基準にもならないですから。 そんじょそこらのホラーやスプラッターじゃあ太刀打ちできないことも間違いない。 気持ち悪さ、薄気味悪さに形を与えるとしたらこうなるんじゃないか?とすら思ったりした。 非情に実験的 […]

  • 2019.07.28

悪魔の棲む家

アメリカ 1979監督 スチュアート・ローゼンバーグ原作 ジェイ・アンソン 数ある幽霊屋敷をテーマにした作品の中でも、アメリカで最も注目されたのがこの一作じゃないか?という気がしますね。 それが証拠に公式、非公式を含めてリブート作品や続編がこれまでに18本ってんだから、つくづく尋常じゃない。 最近じゃあ2005年にリメイクが発表されてますよね。 いったいどれだけの人がこの映画に触発されたんだ?とい […]

荒野のストレンジャー

アメリカ 1972監督 クリント・イーストウッド脚本 アーネスト・タイディマン イーストウッド、監督業第二作目にあたる西部劇。 一言半句で紹介するなら「変な西部劇」といったところでしょうか。 今や世界的大監督と言ってもいいイーストウッドも一日にして成らず、をなにやら実感したり。 ま、突き詰めるならイーストウッドのせいだけではないんでしょうけどね、本人主演も務めてますし、少なくともどういう作品にした […]

  • 2019.05.01

サイレント・ランニング

アメリカ 1972監督 ダグラス・トランブル脚本 デリック・ウォッシュバーン、マイケル・チミノ、スティーブン・ボチコー 地球から緑が消えた未来、宇宙ステーションで失われた植物の栽培に従事する4人の乗組員たちを描いたSF大作。 なんとも独特なプロットだなあ、と思いますね。 環境破壊に対する批判が声高に叫ばれた、70年代ならではのペシミスティックなSFかとは思いますが、それを未来の地球上ではなく、宇宙 […]

  • 2019.04.05

ファンタズム

アメリカ 1979監督、脚本 ドン・コスカレリ 不気味で人間離れした霊園の管理人と少年の対決を描いて人気を博した、知る人ぞ知るカルトホラー。 予想外にヒットしちゃったものだから、同名のシリーズが現時点で5作目まで作られてます。 ほとんど監督であるドン・コスカレリのライフワークになっちゃってる、と言っても過言ではない。 ていうか、いいのか?これをライフワークにしちゃって?と個人的には思わなくもないで […]

  • 2019.04.05

サランドラ

アメリカ 1977監督、脚本 ウェス・クレイヴン 「エルム街の悪夢」「スクリーム」で名を挙げたウェス・クレイヴン初期のホラー。 後年、アレクサンドル・アジャが原題「ヒルズ・ハブ・アイズ」のタイトルでリメイクしたことでも有名。 ていうかなんで邦題が「サランドラ」なんだろう?と。 あれこれ調べてみたんですが、サランドラを意味する英単語って存在しなくて、地名ならイタリアのバジリカータ州における共同体の名 […]

ダーティハリー2

アメリカ 1973監督 テッド・ポスト原案 ジョン・ミリアス 世間ではあんまり評価の高くない第2作目なわけですが、リアルタイムで見てないせいもあってか、別にそれほど悪くもない、というのが正直な感想。 今回ハリー・キャラハン刑事が追う容疑者は同僚の白バイ警官。 いわゆる、法でさばけぬ悪を自らの手でもって天誅下します、という独善的な正義の執行者と対立するわけですが、まあ、今となってはよくあるパターンと […]