ジャズロック

  • 2019.04.20

BRUFORD

YESやらCRIMSONやらあちこちの有名なバンドでその名を見かけるドラマー、ビル・ブラフォードのソロアルバムなわけですが、これをメロディラインに無関係な打楽器に携わる人のお遊び的内容なんでしょ?などと舐めてはいけない。 いやもうね、腰抜かしました私。 私が最初に聞いたのは78年発表のfeel so goodなんですが、こりゃナショナル・ヘルスやハットフィールド・アンド・ノースにも匹敵する大傑作な […]