プログレ:イギリス

  • 2019.04.20

BRUFORD

YESやらCRIMSONやらあちこちの有名なバンドでその名を見かけるドラマー、ビル・ブラフォードのソロアルバムなわけですが、これをメロディラインに無関係な打楽器に携わる人のお遊び的内容なんでしょ?などと舐めてはいけない。 いやもうね、腰抜かしました私。 私が最初に聞いたのは78年発表のfeel so goodなんですが、こりゃナショナル・ヘルスやハットフィールド・アンド・ノースにも匹敵する大傑作な […]

  • 2019.03.06

CIRKUS

メル・コリンズが在籍していたCIRCUSとは一字違い、同読みの別バンド。 どっちかというとプログレと言うよりは、ブリティッシュポップに近い肌触りなんですが、絶妙のタイミングでストリングスが切り込んできたり、コンパクトながらも予想外に凝った展開があったりで、油断はできません。 エッジの尖った音ではなく、甘々でロマンチストなシンフォニック・ロック路線なので、プロコル・ハルムとか好きな人は十分いけるかも […]

  • 2019.03.04

CIRCUS

クリムゾンやキャメルに参加したことで名の知られたサックス奏者、メル・コリンズが在籍していたグループ。 おおむねジャズロック、と言っていいのかもしれませんが、だからと言ってソフト・マシーンあたりの音を想像したりするとなにやら違和感を感じるかも。 私の感触ではこの音はプレ・ジャズロックですね。 普通にブリティッシュロックやってた連中が、ちょっとジャジーなアプローチも取り入れてみました、みたいな。 どこ […]

  • 2019.03.03

CATAPILLA

70年代の英国ロックバンドってのは、掘削の手間さえ厭わなければもう本当にとんでもないのが次から次へと無造作に野ざらしになってたりもして「いったいどれぐらい日の目を見なかったバンドが存在してんだ?!と目眩がしてくるほどだったりしますが、その一角を担うのがCATAPILLAである、と言って大きく間違いではないでしょうね。 楽曲はいかにもブリティッシュなブルーズロックでそれほど目新しさはない。 このバン […]