ロック&ポップス:日本

三柴理

三柴理というより三柴江戸蔵、といった方がなじみがあるかもしれません。 80年代の日本のインディーズバンドに感化された人なら筋肉少女帯の初期キーボードプレイヤーとして、その名を記憶していることと思います。 とりあえず私が仰天したのは1にも2にもこのアルバム。   もう、何事か、と思いましたね。 コミックバンド調のパンクロックなのに、全編に乱舞するようなピアノの魔弾。 何よりも新鮮だったのは […]