お出かけ日記

1/5ページ

ねこ駅長に会いに~和歌山電鐵

和歌山電鐵貴志川線へとお出かけしてまいりました。 もちろん目的は赤字路線を一気に黒字化したたま駅長に会いにいくことなんですが、どうやら私がまごまごしてる間にたまは死んじゃったみたいで。 なんとなくそのような報道を見た気はしてたんですが、やはりもう召されちゃってたか・・・。 写真はwikiからひっぱってきたキャプチャなんですけど、クソかわいい(猫派の私)。 そりゃ元野良猫と知ってても人集まるわ、これ […]

信州の名刹と神域へ

美ヶ原高原美術館を出て、向かったのはここ。 善光寺でございます。 すごい人出だ、人気なんだなあ。 「一生に一度は善光寺詣り」で有名なお寺ですが、仏教が各宗派に分かれる以前より存在していたことから現在も無宗派であるそう。 また、旧来の仏教ではありがちな女人禁制を強いることもなかったらしい。 宗教が衆生救済を目的とするのであれば、元来の形に近い、と言えるかもしれませんね。 かまへんかまへん、誰でも来た […]

  • 2020.01.13

関西人ならつっこまずにはいられない~美ヶ原高原美術館

さて今回はブログ始まって以来の大移動、初めての関東進出長野県の旅でございます。 土地勘がなさすぎてどこをどう行けばいいのやらさっぱりわからねえ。 とりあえずは最初の目的地、上田市を目指します。 目指しますけど、これがもうマジで遠い。 関西から余裕で片道5時間超え。 夜中にとび起きて出かけたのは本当に久しぶりだっ。 茅野市と目的地をつなぐ観光道路ビーナスライン。 植相が関西の山とは全然違ってなんだか […]

  • 2020.01.12

知られざる清水寺奥の院へ~法嚴寺

京都といえば、人気観光スポットとして清水寺があまりにも有名ですが、実は清水寺にはかつて奥の院と呼ばれた寺があった、と知る人はあまり居ないと思います。 清水寺の境内にも奥の院はあるんですけどね、それじゃないんですよ。 同じ縁起を持つ寺が、清水寺から約10キロ離れた山中に今もあるらしいんですよね。 両寺の関係性が現在どうなってるのかはわからないんですが、寺紋が同じ、境内に音羽川、音羽の滝と呼ばれる場所 […]

関西圏屈指のリゾート地、南紀白浜を行く 2

白浜エネルギーランドを後にして、やってきたのは三段壁洞窟。 景勝地、三段壁の地底36メートルに広がる海蝕洞で、熊野水軍の船隠し場であったとされる史跡です。 なんとなく既視感を覚える景色なんですけど、これ、アレじゃないのか? ほら、東尋坊。 調べてみたら東尋坊と同じく柱状節理からなる断崖絶壁とのこと。 日本海と太平洋に隔てられてても海蝕が及ぼす作用は変わらないのだね。 と、いうことはだ、ひょっとして […]

関西圏屈指のリゾート地、南紀白浜を行く 1

和歌山県は南紀白浜へとお出かけしてまいりました。 広くその名を知られた屈指の観光地なわけですが、例によって私が気になるところだけを回るというわがまま一人旅でございます。 皆様方のご期待に沿う内容になってることを祈りつつ、まずはここだっ!(前回、しくじってるので微妙に及び腰) 白浜エネルギーランドでございます。 えっ、ほかにもっと行くところあるだろう!って? だって、こういうメジャーになりきれないス […]

何もかもが裏目、えっなんなのこれ~雲ヶ畑

さて突然ですが、京都市の中心部を流れる鴨川をどんどん遡っていくとですね、出町柳というところで河は二股に分かれておりまして。 そこから八瀬方面と上賀茂方面にその源流を伺い知ることができるんですが、八瀬方面がいずれ滋賀県に行き着くのに対して、上賀茂方面は雲ヶ畑というとこで道が途絶えるんですね。 古くから京都では雲ヶ畑を鴨川の水源地と考えていたようで。 雲ヶ畑が汚染されると、下流にある京都御所、及び京都 […]

  • 2020.01.07

テンションあがるも、どこか寂しい~水木しげるロード

出雲大社を後にして、やってきたのは鳥取県境港市。 島根から鳥取へと、県をまたいでますが実はそんなに遠くなくて。 高速使わなくても1時間半ぐらいで来れる。 で、目的地がここだっ。 JR境港駅から800メートル続く水木しげるロード。 写真は境港駅に電車が入ってきたところを撮ったんですけど、JRもこういうデコレーションしたりするんだなあ、驚いた。 自販機すら鬼太郎ですから。 売ってるものは普通だったけど […]

  • 2020.01.06

神話世界の地へ~出雲大社

えー島根県に来ております。 いやー遠かった。 今回はマジで遠かった。 ブログでお出かけ日記やりだして以来、一番遠方まで来たんじゃないですかね。 関西在住の身としては、日帰りもここらあたりが限界なんではなかろうか。 要するに、近隣じゃあもうネタがないっ!ってことなんですけどね。 まずは稲佐の浜へ。 先にここへ来るのが賢いとテレビで言ってた。 毎年旧暦の10月10日になると、全国八百万の神々がこの浜か […]

  • 2020.01.05

もはや信仰も家内制手工業、中風寺奥の院

日吉ダムから車を走らせてやってきたのは南丹市の北端にある中風寺。 ここ、日本で唯一の「中風除けのご祈祷」をやってる寺らしいです。 中風って、今はあんまり言わないし、私もよくわからなかったんで調べてみたら、脳卒中に代表される脳血管障害とその後遺症のことだとか。 そんなものを「除け」られる、と言っちゃっていいのか?と思わなくもないんですが「悪い風に中る(あたる)と病になる」と考えられていたことを斟酌す […]

  • 2020.01.04

手軽にお散歩気分、日吉ダム内部潜入

京都府南丹市へとおでかけしてまいりました。 目的地はいくつかあるんですが、まずはここ、道の駅スプリングひよし。 温泉や温水プールを備えた道の駅ということで、このあたりでは有名らしいんですが、私のお目当ては別にありまして。 施設内を通りすぎてさらに進むと・・。 はい、見えてきました日吉ダム。 ここ、日本でも珍しい「ダム内部を見学できるところ」なんですよね。 マニアってほどじゃないんですけど、軽くダム […]

  • 2020.01.04

信貴山にて虎と戯れる 2

まあ、足元はちゃんと舗装されてるし、ほら、そんなにね、山登りってほどでもないかも知れないじゃない、と自分に言い聞かせつつ、とりあえず歩を進めたわけであるが、おーい、先が見えないぞお。 伏見稲荷大社の千本鳥居みたいなのが現れた。 そうね、ここまで到達するのに30分は歩いたかな、あははは。 汗がわんさか吹き出てるんだけどね、真冬なのにね、変だなあ。 ああああああやっと先になんか見えてきた。 高えよ! […]

信貴山にて虎と戯れる 1

奈良県の信貴山へと行ってまいりました。 以前、このブログの記事で近所を通過してたんですけど、その時は時間の都合で寄れなくて。 今回はそのリベンジです。 目指すは朝護孫子寺、山丸ごとほぼ境内という強敵だ。 軽くひねられんよう、がんばります。 結構な人出。 まだ松の内もあけてないですしね。 開運橋。 これを渡って参道へ。 なんかこの橋、有形文化財に指定されてるらしいです。 カンチレバーという珍しい作り […]

  • 2019.11.12

ポンポン山で跳ねてみた 2

いったん付近の集落まで車で下り、別ルートから善峯寺ってのを目指すことにする。 スマホによると善峯寺からもポンポン山への登山ルートがあるらしい。 結構な山の中なのにすげえ立派な駐車場が忽然と現れる。 名刹なのか?知らんけど。 歴史を感じさせる重厚な門構えである。 けど、寄らない。 境内散策なんぞしてた日にゃあ、ポンポン山に登る前に日が暮れる。 ありました、道標が。 なんだかここに至るまでが恐ろしく長 […]

ポンポン山で跳ねてみた 1

京都府と大阪府の堺にあるポンポン山に登ってきました。 えっ?ポンポン?なにそれ?とお思いの方もおられるかと思うんですが、実はこれ、れっきとした正式名称。 地図にもちゃんとポンポン山と表記されてます。 頂上付近で跳ねるとポンポンと音がすることからポンポン山と呼ばれだしたらしいんですが、そんな適当な理由で命名しちゃっていいの?国土交通省はどうなってるんだ?と思うのは私もみんなと同じだ、うん。 ま、定着 […]

山上の巨大宗教都市、高野山へ 2

鬱蒼と生い茂る杉木立から漏れ入る陽の光が、奥之院への道行きを照らしてます。 というかね、これもう墓場ですよ、早い話が。 参道というより、延々墓また墓。 後で調べてみたところによると、およそ20万基の墓が奥之院周辺には建てられているのだとか。 シンプルに怖ええよ。 夜は絶対に来れないわ。 しかし、死後においてさえ、弘法大師に救いを求める人のなんと多いことか。 マジか、紀州藩初代藩主徳川頼宣だって。 […]

山上の巨大宗教都市、高野山へ 1

仏教界のファイナルウェポン、真言密教の聖地でもある高野山へと行ってまいりました。 予想はしてましたが山の中です。 ふもとの市街地から車でおよそ1時間程度、峠道を行かねばなりません。 ケーブルカーも来てるみたいですけどね、ケーブルを利用すると降りてからバスに乗り継がなきゃならない。 私的にそれはちょっと面倒くさい。 比較的道も整備されてますし、駐車場もたくさんあるんで時間を気にしたくないなら車のほう […]

嶺北を山から海へ~東尋坊

やばいぐらいなにもない・・・。 本当にこれ、海へと向かってるのか?と不安になる。 どうやら着いたみたい。 東尋坊へと至る道は観光地ならではの飲食店や土産物店が立ち並んでます。 それにしても威圧感あるな、東尋坊タワー。 モチーフはなんだ?ボルトか?それともハンマー?どちらにせよ昭和感が半端ねえ。 中を覗いてみた。 やばい・・・誰も居ない・・・ある意味シャッター商店街より怖い。 このタワーを料金払って […]

  • 2019.07.28

嶺北を山から海へ~恐竜博物館

福井県の有名な観光名所をさらっと巡ってきました。 あんまり知られてないところに行きたかったんですけどね、さすがに北陸ともなると土地勘がなさすぎて。 よくご存じの方もたくさんおられるとは思うんですが、そこはまあ私なりの視点で切り込めれば、と思う次第でございます。 最初の目的地を前にして早くも異形の造形物が来訪者をウエルカムだっ。 歩道に足跡ついてるの、わかります? 凝ってるなあ。 山の中腹に巨大な施 […]

  • 2019.07.01

一面、ススキの大海原~曽爾高原

奈良県の曽爾高原へと行ってまいりました。 なんかだだっ広いところに行きたかったんです、はい。 もうほとんど三重県です。 県境です。 で、県境といえば大抵が山の中なわけだ。 もう途中からずっとこんな感じ。 あー今回、久々の秘境旅になりそうだなあ、などと思っていたら、 到着寸前で目を疑うような駐車場待ちの大渋滞。 こんな山深い場所で何事かと思った。 みんなよく知ってるよなあ、しかし。 まさかこんな急勾 […]

奥嵯峨から高雄へ~嵐山・高雄パークウェイ

愛宕念仏寺をあとにして、嵐山・高雄パークウェイへ。 奥嵯峨と高雄を結ぶ全長10キロほどの有料道路なんですけどね、なんでこんな山奥にドライブウェイがあるんだ?と以前から気になってたんですよ。 誰が利用してるんだよ、みたいな。 きれいに整備されてますが誰もおらん。 ちなみに通行料は車で片道1180円。 展望台が道路脇に。 保津峡の渓谷が一望できます。 ここから保津川沿いを走るトロッコ列車を眺められるら […]

  • 2019.05.25

奥嵯峨にて羅漢とまみえる~愛宕念仏寺

以前、愛宕神社にでかけた時や保津峡へ向かう際にも通った奥嵯峨へ、再び出かけてまいりました。 なぜまたもや奥嵯峨なのか? そりゃ、このあたりで気になるスポットをあとからいくつか知り得たからだね、うむ(要領が悪い、とも言う)。 今回は見落としていた数箇所を一気に回りたいと思っております。 137号線から一本脇道にそれると、突然雅やかな感じに。 高級そうな料理店とかが軒を並べています。 ちょっとした納涼 […]

鉱山の街を行く~生野銀山 2

坑道の外にもなにかあるみたいなので行ってみることにする。 えーと、これはねえ、秘境神社廻りというか、山登りというか、それと同系列の石段波状攻撃だぞっ! うわっ、びっくりしたっ! もう居ないもの、と思いこんでいたところに生き人形、再び登場。 しれっ、と山肌にへばりついてるんじゃねえよ! 一瞬、なにか作業中なのか?と思って足止めちゃっただろうが! どうなんでしょう、この演出過剰気味な等身大リアルフィギ […]

  • 2019.05.01

鉱山の街を行く~生野銀山 1

兵庫県朝来市へとお出かけしてまいりました。 今回の目的地はここ。 史跡生野銀山でございます。 普通に鉱山跡を公開してるだけじゃなくて色々仕掛けがあるみたいなんですけどね、なんだかネタになりそうな気配が濃厚な気がして仕方なくて。 関西では有名な施設らしいんですが、さて楽しませてくれるや否や? 入り口。 何故か生野代官所の立て札が打ち付けられてますが、代官所、本当にこの場所にあったらしいです。 なんせ […]

1 5