マーゴット・ロビー

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

アメリカ 2019監督、脚本 クエンティン・タランティーノ シャロン・テート殺害事件を題材に、隣人である落ち目の俳優とそのスタントマンを描いた60年代ハリウッドの内幕劇。 さて、私はタランティーノを「映画における自分の語り口を確立した人」と思ってて。 これを以前「芸」と書いたんですけど。 なかなか監督の作家性だけで勝負できないハリウッドにおいて、任せておけば当たるから彼の芸を信じてればいい、という […]

死の谷間

アイスランド/スイス/アメリカ/ニュージーランド 2015監督 クレイグ・ゾベル原作 ロバート・C・オブライエン 核汚染によってほぼ人類が死に絶えた近未来、独特な地形のおかげで奇跡的に環境曝露をまぬがれた谷間で偶然出会った3人の男女を描いた作品。 いわゆるディストピアSFなのかな?それともアイ・アム・レジェンド(2007)みたいな終末もの?と早とちりしてしまいがちですが、多くの人が想像しそうな荒廃 […]

スーサイド・スクワッド

アメリカ 2016監督・脚本 デヴィッド・エアー そもそもDCコミックにそれほど詳しいわけじゃない、というのがまずありまして。 その悪役たちを一堂に会したスピンオフ的企画、となるとそれはなおさら。 ジョーカー以外は「誰やねん」っちゅー話なわけです。 で、その手の「予習なんざしたくねえ」という私のようなわがままな新参者に対して親切な作りになっているのかどうか、がこの場合まず焦点となるわけですが、そこ […]