ヴァンサン・カッセル

アレックス

フランス 2002監督、脚本 ギャスパー・ノエ 奇才とも呼ばれるギャスパー・ノエが本領を発揮してきたのはこの映画からでしょうね。 トラウマ映画だとかグロ映画だとか、トランスムービーだとか色んな評を目にしますが、似たようなことをやってる人を思いつかない、という意味では前衛的と言えるかもしれません。 前衛をどう受け止めるかで伝える言葉も変わってくるわけで。 特徴的なのはカメラワーク。 一見、POVなの […]

ジェイソン・ボーン

アメリカ 2016監督 ポール・グリーングラス脚本 ポール・グリーングラス、クリストファー・ラウズ ジェイソン・ボーンシリーズ第5弾にして、マット・デイモンのシリーズ復帰作。 いや、普通に面白かったです。 実はこの「普通に面白い」ってのが、私にとっては結構重要なことで。 というのも私の場合、ジェイソン・ボーンにそれほど思い入れもなければ執着もないから、なんですね。 過去3部作は一応全部見てるんです […]

ブラック・スワン

アメリカ 2010監督 ダーレン・アロノフスキー原案 アンドレス・ハインツ まず言えるのは、この作品に限ってはバレエに興味がない人が見ても確実に爪痕を残すなにかがある、ということ。 オープニングのシーンでパートナーと「白鳥の湖」を舞う主人公ニナ。 一人二役を象徴するかのように途中で悪魔のような出で立ちの男とパートナーがすり替わる。 もう、この時点で軽く鳥肌です。 なんかよくわかんないんですが直感的 […]